氷川 XOOPS 研究室

モジュール制作、ウェブサービスなどなど

プロジェクトの作成 anchor.png

ローカルで XOOPS を動かす環境(XSAS/XAIO など)が整い,Cubson のインストールが完了したら,いよいよモジュール作成を始めます。

まず最初に行うのは,「プロジェクト」の作成です。ここで言う「プロジェクト」は「モジュール」のことだと思ってください。

既に作りたいモジュールが頭の中にある方は,そのモジュールの名前を考えてください。なお,変なところではまるといけないので,モジュール名は半角英小文字のみでつけましょう。記号や数字が入ったり,大文字にすると思わぬバグを招くことになりかねません。

「特に作りたいモジュールなんて今はないけど……」という方は,とりあえずこの連載でサンプルとして使うブックマークモジュール,"bookmark" をモジュール名にしてください。

モジュールの名前が決まったら,Cubson を起動して以下のように入力してください。

makeproject モジュール名

例えば,"bookmark" モジュールを作る方は Cubson で以下のように入力します。

makeproject bookmark

Cubson のインストールが上手くいっていれば,Cubson の画面にどんどんログが表示されるはずです。

ログの表示が止まったら,Cubson インストール時に設定した場所に,モジュール名のフォルダ(例では "bookmark" というフォルダ)ができ,そのフォルダの中に actions, admin, class, forms, templates などのフォルダが出来ているはずです*1

これらは XOOPS Cube Legacy のモジュールにおきまりのフォルダやファイルですが,まだ器だけで中身は空っぽなので,動きません。

全く機能は果たしませんが,XOOPS モジュールとして必要なファイルやフォルダは揃っていますので,とりあえずインストールは出来ます。せっかくなので,インストールしてみてください。

次回は,その中身を作るところに挑戦します。


*1 できていなければ,どこかインストールが上手くいっていないので,もう一度,設定を確認してみてください

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 3808, today: 2, yesterday: 2
Last-modified: 2008-08-08 (Fri) 14:33:11 (JST) (4091d) by kilica

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project - xc-tokai