氷川 XOOPS 研究室

モジュール制作、ウェブサービスなどなど

いよいよモジュール作成 anchor.png

今回はいよいよモジュールの中身の作成を始めます。

Page Top

modulename anchor.png

まずは,Cubson を立ち上げたら以下のコマンドを入れます。

modulename {modulename}

{modulename} のところには makeproject の時に入力したモジュール名を入れてください(例:modulename bookmark)。

このコマンドは,どのモジュールのコードを生成するかを指定します。今は作っているモジュールが一つだけなのでぴんと来ないかも知れませんが,いくつもモジュールを作っていると,Cubson はどのモジュールに対してコードを生成すればいいか判断できないので,このコマンドで教えてやります。

一度指定すると,あとで modulename コマンドをもう一度実行するか,Cubson を終了するまで有効になります。

Page Top

wizard anchor.png

modulename でモジュールを指定したら,いよいよ wizard コマンドです。

wizard {tablename}

{tablename} には,前回 phpMyAdmin などで作成したテーブルの名前を入れます。このとき,xoops および module nの prefix は除きます(例:wizard bm*1)。

上手くいっていれば,Cubson の画面にたくさんの行が送られていきます。1,2分くらいかかるかも知れません。

wizard コマンドは,Cubson のいくつかのコマンドをまとめて実行する便利コマンドです。

Page Top

動作確認 anchor.png

wizard コマンドの処理が終わったら,一通り動くモジュールは完成です。早速確認してみましょう。

あわてず,生成されたコードを XOOPS のモジュールフォルダに移し,まだモジュールをインストールしていなければインストール,インストール済みであればアップデートしてください。

そのあと,以下の URL にアクセスします。

{xoops_url}/modules/{modulename}/index.php?action={Tablename}Edit
{xoops_url}
xoops のインストールされているディレクトリ。XSAS だと http://localhost/html など。
{modulename}
makeproject コマンドで入れたモジュール名。例:bookmark
{Tablename}
wizard コマンドで入れたテーブル名。1文字目は大文字にする。例:Bm
例:http://localhost/html/modules/bookmark/i​ndex.php?action=BmEdit

これで,編集画面が表示されれば成功です。実際に登録してみると,登録はされますが一覧表示の時にエラーになってしまいます。次回はその辺りの調整について。


*1 "wizard ad1ud9_bookmark_bm" や "wizard bookmark_bm" ではない

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 4148, today: 2, yesterday: 0
Last-modified: 2008-08-12 (Tue) 19:53:59 (JST) (3906d) by kilica

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project - xc-tokai