氷川 XOOPS 研究室

モジュール制作、ウェブサービスなどなど

opCal anchor.png

opCal は、みんなで共有して使うためのカレンダモジュールです。

カレンダモジュールの癖に自前でカレンダを持っていません。それは Google Calendar に任せています。

  • イベント情報のコピーを Google Calendar に持ちます
  • イベントの登録自体も、Google Calendar から行えます

lh6.ggpht.com_opcal_gcal2.png, SIZE:288x282(93.6KB)

Google Calendar と連携する場合、クローズドあるいはローカルで使うことはできません。あくまでも公開するためのモジュールとして作っています。

Google Calendar を使っているため、使っているカレンダを好きなサイトに貼り付けることが可能です。

そして、イベントの表示だけでなく、登録も貼り付けられたサイトから可能です。

また、スケジュールを決めるにあたって日程の調整を行うことができます。
lh5.ggpht.com_opcal_scheduling.png, SIZE:400x144(20.1KB)

Page Top

他のサービスとの連携 anchor.png

opCal は、幾つかの内外のサービスと連携しています。連携するには、準備と設定が必要です。

Page Top

都道府県 anchor.png

共通カテゴリ管理モジュール XCat と連携すると、イベントの編集画面で都道府県を選択させることができます。
あらかじめ XCat モジュールをインストールし、カテゴリグループ「都道府県」を作ります。作ったカテゴリグループのIDを管理画面で指定します。

Page Top

カテゴリ anchor.png

共通カテゴリ管理モジュール XCat と連携すると、イベントの編集画面でカテゴリを選択させることができます。
あらかじめ XCat モジュールをインストールし、カテゴリグループ「カテゴリ」を作ります。作ったカテゴリグループのIDを管理画面で指定します。

Page Top

開催場所 anchor.png

共通カテゴリ管理モジュール XCat と連携すると、イベントの編集画面で開催場所を選択させることができます。
開催場所が限定されるような使い方の場合は、この連携機能を使ってください。開催場所が不特定の場合は、この機能は使えません。
あらかじめ XCat モジュールをインストールし、カテゴリグループ「開催場所」を作ります。作ったカテゴリグループのIDを管理画面で指定します。

Page Top

Google Maps anchor.png

Google Maps と連携すると、開催場所を地図上で指定できます。
Google Maps と連携するには、Google Maps API Key を取得する必要があります。
また、管理画面から API Key を設定します(「管理画面設定」を参照)。

Page Top

Google Calendar anchor.png

Google Calendar と連携すると、opCal で登録する予定を Google Calendar 上に表示したり、Google Calendar 上から opCal の予定を追加したりすることができるようになります。
Google Calendar と連携するには、

  • ZendFramework をダウンロードし、common/zend 以下に配置する(要PHP5.1.4
    lh6.ggpht.com_opcal_zend.png, SIZE:388x286(73.4KB)
  • 予定を書き込むための Google Calendar を作成し、公開状態にする
    lh3.ggpht.com_opcal_gcal_CalEdit.png, SIZE:617x279(115.4KB)
  • Google Calendar 上から予定を追加できるように、{XOOPS_URL}/modules/opcal/GoogleCalendar​.php を Google Calendar に追加する(「URLで追加」)。ユーザグループ管理で、ゲストにも権限を振ってください(でないと、Google Calendar からアクセスできません)。
    lh3.ggpht.com_opcal_gcal_addCal.png, SIZE:906x355(145.2KB)
  • 管理画面から設定(「管理画面設定」を参照)
Page Top

管理画面設定 anchor.png

このモジュールは、管理画面で設定する項目がたくさんあります。
何も設定しなくても、最低限の動作はしますが、Goolge Calendar と連携したりするには設定が必要です。

設定項目説明
都道府県一覧をXCatから取得する都道府県情報を持たせるには、共通カテゴリ管理モジュールの XCat をインストールし連携する必要があります。この項目を設定しない場合は、都道府県は無視されます。
カテゴリ一覧をXCatから取得するカテゴリ情報をリストから選択して選ばせるには、共通カテゴリ管理モジュールの XCat をインストールし連携する必要があります。この項目を設定しない場合は、カテゴリは無視されます。
開催場所一覧をXCatから取得する開催場所をリストから選択して選ばせるには、共通カテゴリ管理モジュールの XCat をインストールし連携する必要があります。この項目を設定しない場合は、開催場所はテキスト入力になります
Google Maps API KeyGoogle Map で場所を指定したい場合は、あなたのサイト用のGoogle Maps API Keyをここに入力します。
Google Calendar の公開URLGoogle Calendar と連携する場合は、イベントを書き込むための Google Calendar を作成し、そのカレンダIDをここで指定します。Google Calendar と連携しない場合はブランク。
Google Calendar のイベント追加用カレンダの公開URLイベント追加用({XOOPS_URL}/modules/opcal/GoogleCalendar​.php)に作成した Google Calendar のカレンダIDを指定します。
Google アカウントメールアドレスGoogle Calendar にアクセスするためのアカウントメールアドレスを指定します。Google Calendar と連携しない場合はブランク。
Google アカウントパスワードGoogle Calendar にアクセスするためのパスワードを指定します。Google Calendar と連携しない場合はブランク。
Google Calendar の表示サイズ(幅)Google Calendar の表示サイズ(幅)をpixelで指定します。Google Calendar と連携しない場合はブランク。
Google Calendar の表示サイズ(高さ)Google Calendar の表示サイズ(幅)をpixelで指定します。Google Calendar と連携しない場合はブランク。
- × △ ○ ?スケジュール調整時の選択肢の意味。使わない記号がある場合は、ブランクにしてください。

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 13102, today: 2, yesterday: 2
最終更新: 2008-10-01 (水) 11:31:54 (JST) (3339d) by kilica

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project - xc-tokai